Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先から内部書類が外部流出、匿名の郵送で判明 - 大阪府

大阪府が自動車税に関するコールセンター業務を委託しているNTTマーケティングアクトが、個人情報が記載された問い合わせ受付票を紛失していたことがわかった。同府では経緯を調べている。

同府の発表によれば5月14日、大阪自動車税事務所にコールセンターの内部文書である問い合わせ「受付票」2枚が匿名で郵送されたことから、問題が判明したもの。業務を受託しているNTTマーケティングアクトでは、従業員へヒアリングを実施するなど、同府の指示のもと内部資料が外部へ流出した経緯を調べている。

流出した受付票には、納税義務者の氏名、連絡先、自動車登録番号、問い合わせ内容などが記載されていた。今回の流出による被害などの報告は受けていないという。

同府ではNTTマーケティングアクトに対し、流出した経緯のさらなる調査と、関係者への説明、謝罪を行うよう指示。再発防止に向けた対策の実施を求めていくという。

(Security NEXT - 2014/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同報メールの件名にメアドを記載、委託先で - 愛知県
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
委託先が「水道使用量のお知らせ」を紛失 - 神奈川県
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市