Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ装い「無料で簡単にウイルスチェック」と騙すスパムに注意

トレンドマイクロは、同社のオンラインスキャンを騙り、まったく関係ないサイトへ誘導するスパムメールが発生しているとして注意を呼びかけている。

トレンドマイクロを装った偽メール
トレンドマイクロを装った偽メール(画像:トレンドマイクロ)

同社によれば、問題のスパムメールは、5月15日前後より発生。「使用端末が危険にさらされている可能性がある」「無料で簡単にウイルスチェックできる」などと受信者を騙す内容で、メール内のリンクから、まったく関係ない出会い系サイトへ誘導していた。

同社が分析したところ、一連の行為によってマルウェアへ感染するといった脅威は確認されていない。しかし、受信者を騙すメールや、誘導先のサイトが利用するIPアドレスは、数百のドメインが登録されており、異なる名称で同一内容の出会い系サイトが公開されているなど不審な点は多いという。

同社では、「セキュリティ対策」を装ったスパムメールはこれまでも送信されていると指摘。マルウェアへ感染したり、個人情報を詐取されるケースもあるとして、不審なメールへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
メッセージアプリ「WhatsApp」に情報漏洩の脆弱性
JPCERT/CC、「Emotet」感染チェックツール「EmoCheck」を公開
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響