Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ装い「無料で簡単にウイルスチェック」と騙すスパムに注意

トレンドマイクロは、同社のオンラインスキャンを騙り、まったく関係ないサイトへ誘導するスパムメールが発生しているとして注意を呼びかけている。

トレンドマイクロを装った偽メール
トレンドマイクロを装った偽メール(画像:トレンドマイクロ)

同社によれば、問題のスパムメールは、5月15日前後より発生。「使用端末が危険にさらされている可能性がある」「無料で簡単にウイルスチェックできる」などと受信者を騙す内容で、メール内のリンクから、まったく関係ない出会い系サイトへ誘導していた。

同社が分析したところ、一連の行為によってマルウェアへ感染するといった脅威は確認されていない。しかし、受信者を騙すメールや、誘導先のサイトが利用するIPアドレスは、数百のドメインが登録されており、異なる名称で同一内容の出会い系サイトが公開されているなど不審な点は多いという。

同社では、「セキュリティ対策」を装ったスパムメールはこれまでも送信されていると指摘。マルウェアへ感染したり、個人情報を詐取されるケースもあるとして、不審なメールへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も