Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ装い「無料で簡単にウイルスチェック」と騙すスパムに注意

トレンドマイクロは、同社のオンラインスキャンを騙り、まったく関係ないサイトへ誘導するスパムメールが発生しているとして注意を呼びかけている。

トレンドマイクロを装った偽メール
トレンドマイクロを装った偽メール(画像:トレンドマイクロ)

同社によれば、問題のスパムメールは、5月15日前後より発生。「使用端末が危険にさらされている可能性がある」「無料で簡単にウイルスチェックできる」などと受信者を騙す内容で、メール内のリンクから、まったく関係ない出会い系サイトへ誘導していた。

同社が分析したところ、一連の行為によってマルウェアへ感染するといった脅威は確認されていない。しかし、受信者を騙すメールや、誘導先のサイトが利用するIPアドレスは、数百のドメインが登録されており、異なる名称で同一内容の出会い系サイトが公開されているなど不審な点は多いという。

同社では、「セキュリティ対策」を装ったスパムメールはこれまでも送信されていると指摘。マルウェアへ感染したり、個人情報を詐取されるケースもあるとして、不審なメールへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも