Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「OS X Mavericks v10.9.3」を提供開始

Appleは、最新のアップデートとなる「OS X Mavericks v10.9.3」を提供開始した。

今回のアップデートでは、ディスプレイのサポート強化や、iOSデバイスとの同期機能向上のほか、Active Directoryのグループにおけるログイン速度の改善、IPSecによるVPN接続機能の信頼性向上などを盛り込んだ。

また脆弱性を多数修正した「Safari 7.0.3」を同梱。さらに4月に公開したセキュリティアップデート「Security Update 2014-002」の内容が含まれる。

(Security NEXT - 2014/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「macOS Mojave 10.14.1」やセキュリティアップデートがリリース - 「Safari 12.0.1」も
Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除