Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS」や「iPadOS」にゼロデイ脆弱性 - アップデートで修正

Appleは、現地時間3月5日に「iOS」および「iPadOS」のセキュリティアップデートをリリースした。すでに悪用の報告がある脆弱性にも対処している。

「同17.4」では4件の脆弱性を修正した。カーネルに関する脆弱性「CVE-2024-23225」、「RTKit」に判明した「CVE-2024-23296」の2件についてはすでに悪用が確認されているという。

いずれもカーネルにおいて読み取りや書き込み権限を持つ場合に悪用が可能としており、メモリ保護をバイパスされるおそれがある。

さらに「アクセシビリティ」に明らかとなった「CVE-2024-23243」や「Safari」のプライベートブラウジングにおける「CVE-2024-23256」を解消した。

旧端末向けに「同16.7.6」を公開しており、カーネルの脆弱性「CVE-2024-23225」に対応。あわせて「同15.8.2」も公開されているが、CVEベースの脆弱性に対する修正は含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2024/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開