Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧版「Movable Type」の利用サイトで多数改ざん被害 - 不正サイト誘導の踏み台に

ブログなどへ活用されている人気CMS「Movable Type」だが、脆弱性が含まれる旧バージョンの利用者で改ざん被害が多発している。

インシデント報告を受け付けているJPCERTコーディネーションセンターが、「Movable Type」に関する報告を多数受領しているとして、注意喚起を行ったもの。

既知の脆弱性を狙った攻撃により、不正なファイルがウェブサイト上に設置されたり、コンテンツが改ざんされ、不正サイトへ誘導する「iframeタグ」や難読化された「JavaScript」が埋め込まれる被害が発生しているという。

誘導先のサイトでは、「Java」や「Adobe Reader」「Adobe Flash Player」「Internet Explorer」などの脆弱性を攻撃するよう細工が施されており、ウェブサイトを閲覧したパソコンがマルウェアへ感染するおそれがある。

同センターでは、ウェブ管理者へコンテンツの改ざんが発生していないか確認するよう呼びかけるとともに、「Movable Type」はもちろん、OSや他ソフトウエアについても、最新の状態にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
PWリスト攻撃で顧客情報改ざん、第三者クレカ情報が不正登録
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
救急医療機関の情報サイトが改ざん被害、公開を停止 - 鳥取県
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
長野県の河川水位情報サイトが改ざん - マルウェア感染の可能性