Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、教育機関へ「ポン太のネットの大冒険」を配布

日本レジストリサービス(JPRS)は、全国の中高校や高専を対象に、インターネットのしくみを解説したマンガ教材を無償配布する。「情報通信月間」にあわせ、5月15日から6月30日まで申し込みを受け付けるほか、PDFによる配布も行う。

JPRSでは、インターネットのしくみやドメイン名の役割などインターネットを安全に活用する上で必要となる基礎となる知識を身につけられるよう、インターネットに関する教育を支援しており、マンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険 〜楽しくわかるインターネットのしくみ〜」を製作。無償で配布するもの。

同教材では、「ドメイン名」の役割やIPアドレスとの関係性、「DNS」のしくみや役割など、学ぶことができる。JPRSでは、こうした啓発活動を2010年より展開しており、これまで約10万冊の教材を配布している。

(Security NEXT - 2014/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定