Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、教育機関へ「ポン太のネットの大冒険」を配布

日本レジストリサービス(JPRS)は、全国の中高校や高専を対象に、インターネットのしくみを解説したマンガ教材を無償配布する。「情報通信月間」にあわせ、5月15日から6月30日まで申し込みを受け付けるほか、PDFによる配布も行う。

JPRSでは、インターネットのしくみやドメイン名の役割などインターネットを安全に活用する上で必要となる基礎となる知識を身につけられるよう、インターネットに関する教育を支援しており、マンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険 〜楽しくわかるインターネットのしくみ〜」を製作。無償で配布するもの。

同教材では、「ドメイン名」の役割やIPアドレスとの関係性、「DNS」のしくみや役割など、学ぶことができる。JPRSでは、こうした啓発活動を2010年より展開しており、これまで約10万冊の教材を配布している。

(Security NEXT - 2014/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
メール誤送信対策製品のテレワーク用ライセンスを無償提供 - 富士通SSL
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験