Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むUSBメモリを医師が紛失 - 東京医科歯科大病院

東京医科歯科大学医学部付属病院の医師が、患者の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。

20140512_ti_001.jpg
紛失が発生した東京医科歯科大学

4月26日9時ごろ、同医師がJR武蔵野線の車内にUSBメモリ2本が入った鞄を置き忘れたもので、紛失したUSBメモリには、あわせて患者225人分の手術症例リストや画像データが保存されていた。

保存されていた患者情報のうち、「氏名」「ID」「年齢」「性別」など215人分の症例リストについては、パスワードで保護されていたが、患者16人分のデータについては、氏名、生年月日、画像データ、所見など含まれるものの、パスワードが設定されていなかった。

一部重複しているため、対象となる患者は225人で、同大学では、文書による謝罪を行っている。個人情報の不正利用は確認されていない。

(Security NEXT - 2014/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県