Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

甲子園歴史館でメール誤送信、メールアドレスが流出

阪神電鉄は、甲子園歴史館において会員向けにメールを送信する際にミスがあり、メールアドレス244件が流出したことを明らかにした。

4月25日18時半過ぎに、甲子園歴史館よりイベントを告知するメールを会員向けに送信する際、誤送信が発生したもの。メールアドレスを宛先に記載したため、受信者間でメールアドレスを確認できる状態となった。

流出したメールアドレスは244件で、同社では同月26日に対象となる顧客へ電話で連絡を取り、直接謝罪したという。

(Security NEXT - 2014/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
「名探偵コナン検定」でメール送信ミス - メアド流出
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
メール誤送信対策製品のテレワーク用ライセンスを無償提供 - 富士通SSL