Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本政府、APEC越境プライバシールールシステムに参加

日本政府による「APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)」への参加が決定した。

日本は、2013年6月に「APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)」への参加を申請していたが、米国、メキシコに次いで同システムへの参加が認められたもの。

「APECプライバシー原則」は、2004年にAPECが定めたもので、参加国や参加地域に対して同原則に基づく個人情報保護制度の策定を推奨しており、国境を越えて移転する個人情報の保護を進めるため、「CBPRシステム」を構築。APECプライバシー原則への適合性を認証している。

今後は同システムに基づき、企業など組織の認証を行う認証機関がAPECによって承認される。認証機関の認証を受けた組織は、同原則に適合していることを示すことが可能となる。

(Security NEXT - 2014/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT