Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ利用者も「Heartbleed」に注意を - Androidやアプリにも脆弱性が存在

スマートデバイスのOSやアプリにバンドルされた「OpenSSL」に脆弱性が存在し、「Heartbleed」の影響を受けるケースがあるとして、トレンドマイクロは注意を呼びかけている。

同社によると、「Android 4.1.1」をはじめ、特定のアプリが搭載する「OpenSSL」ライブラリに「Heartbleed」の脆弱性が存在していることを確認したという。

「Android 4.1.1」を搭載した端末の場合、OpenSSLを利用して暗号化通信を行うアプリであれば、すべて影響があり、端末のメモリから情報を収集するために乗っ取られる可能性があると指摘。Googleからパッチが提供されているケースがあり、確認するよう呼びかけている。

さらに、Google Playで公開されているアプリを調べたところ、273件のアプリが独自に脆弱性を含むOpenSSLライブラリをバンドル。OSの問題だけでなく、アプリごとに影響を受けるおそれもあるという。

また今回同社が確認した脆弱性を含むアプリのなかには、著名ベンダーのものや、「VPNクライアント」「セキュリティ対策アプリ」「動画プレイヤー」「インスタントメッセンジャ」「IP電話」なども存在。脆弱性が悪用されると、秘密鍵や認証情報が収集されるおそれがあり、なりすましに悪用されるおそれがあると同社は説明している

同社は、アプリの開発者に対し、アプリが用いる「OpenSSLライブラリ」の更新をすみやかに実施するよう注意を呼びかけている。また一般利用者には、信頼がおけるアプリや評価が高いアプリにも「Heartbleed」の脆弱性が影響を受けるケースがあり、モバイル端末から情報が流出する可能性があることを認識しておくよう忠告。修正プログラムが公開されたら、すぐにアプリを更新するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性