Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省、24時間体制で対処する「サイバー防衛隊」を新規編成

防衛省と自衛隊は、ネットワーク監視やサイバー攻撃への対処を24時間体制で行う「サイバー防衛隊」をあらたに編成した。

同隊は、防衛省と自衛隊におけるネットワークの監視、およびサイバー攻撃発生時の対処を24時間体制で実施する部隊。サイバー攻撃に関する脅威情報の収集や分析、調査研究なども行う。同省では今後、同隊を中核に据え、関係省庁と協力しながら自衛隊のサイバー攻撃対処能力の向上に取り組む。

(Security NEXT - 2014/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
Flashゼロデイ攻撃、北朝鮮攻撃グループ「TEMP.Reaper」が関与 - FireEye分析
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載