Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、暗号化による情報漏洩対策を解説 - スマホ、無線LANなど場面ごとに

情報処理推進機構(IPA)は、「暗号化による<情報漏えい>対策のしおり」を公開した。同機構のウェブサイトよりダウンロードできる。

同資料は、情報漏洩の防止に活用できる暗号化について、必要性やしくみ、注意事項などを専門家以外の一般個人ユーザーや企業ユーザーでも理解できるように解説した冊子。

メールやモバイル端末、無線LAN、社内ネットワークへのアクセスなど、暗号化が使用されるシーンごとにわかりやすく説明した。

例えばメールの場合、メール自体の暗号化には専用のシステムが必要で運用コストもかかるが、添付ファイルの暗号化ならば手軽にできると紹介。そのひとつとしてOfficeで文書を暗号化する方法を解説している。

またモバイルデバイスの紛失や盗難時におけるデータ保護や無線LAN利用時における通信内容の盗聴防止など、暗号化が有効であるとして、積極的な利用を呼びかけている。冊子はPDFファイルにより配布しており、同機構サイトから入手することが可能。

(Security NEXT - 2014/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止