Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Wordにあらたな脆弱性、ゼロデイ攻撃が発生 - MSが緩和策「Fix it」を緊急公開

米Microsoftは、Wordにおける未修正の脆弱性に対するゼロデイ攻撃が発生していることを明らかにした。セキュリティ更新プログラムの開発を進めるとともに、「Fix it」の提供を開始している。

今回明らかになった脆弱性「CVE-2014-1761」は、細工したリッチテキストファイル(RFTファイル)を開くとメモリが破壊され、リモートよりコード実行が可能となるもの。「Word 2010」を対象としたゼロデイ攻撃が発生している。

Outlook 2007以降ではWordをメール表示に利用しており、プレビュー表示を行っただけで攻撃を受けるおそれがある。

同社では、定例外の可能性を含め、セキュリティ更新プログラムの開発を進めている。またMicrosoft Active Protections Program(MAPP)によりセキュリティベンダーと情報を共有するなど対策を進めている。

さらに脆弱性の緩和策として、WordによりRTFファイルを開くことを制限する「Fix it」を用意した。ウェブサイトより適用することができる。

(Security NEXT - 2014/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ