Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金被害端末から遠隔でマルウェア検体を回収解析するサービス

FFRIは、オンラインバンキングのアカウント情報を詐取するマルウェアを回収、解析する「MITBマルウェア対策サービス」を提供開始した。不正送金被害の調査が必要となる金融機関向けにサービスを展開する。

同サービスは、マンインザブラウザ(MITB)攻撃によってオンラインバンキング利用者の端末からアカウント情報を盗み出すマルウェアを解析するサービス。あらたに開発した専用ツールを活用し、遠隔操作によって感染被害者の端末からマルウェアの検体や解析に必要な情報を抽出する。

マルウェアの解析結果や、マルウェアの通信先であるコマンド&コントロールサーバの情報を10営業日以内に提供。不正送金被害が発覚し、被害者の感染端末について早急な調査が求められる金融機関を支援する。

(Security NEXT - 2014/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スマホ狙う「Roaming Mantis」、新型コロナ便乗も
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」