Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

四国で改ざん攻撃やCTFなどを学べる講習会

経済産業省四国経済産業局は、四国地域の企業や地方公共団体の情報セキュリティ技術者を対象とした講習会を2月8日、9日に開催する。

同講習会では、セキュリティコンテスト「SECCON」の教材を活用。サーバの脆弱性を突いた改ざん攻撃や、サイバー犯罪などの捜査にも用いられるデータの収集、解析方法などをテーマに、実戦を通じてセキュリティを学ぶ。

講習会の会場は松山市および香川市を予定しており、各会場の定員は20名。先着順で受け付ける。なお、参加には、無線LANへ接続できるノートパソコンを持参する必要がある。詳細は講習会のウェブページから。

(Security NEXT - 2014/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に