Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティの日」を策定 - 2014年は2月3日

情報セキュリティ政策会議は、「サイバーセキュリティの日」を策定した。はじめて迎える2014年は、2月3日を予定している。

政府では、毎年2月を「情報セキュリティ月間」に定め、情報セキュリティの普及啓発活動を推進しているが、同月において土日を除いた最初のワーキングデーを「サイバーセキュリティの日」として定めたもの。

サイバー空間におけるリスクの深刻化が社会的な課題になっているとして、「情報セキュリティ月間」の趣旨を広く浸透させ、深刻化する脅威やその対策の理解を深めたり、安全に向けた取り組みを重点的に実施する。

なお、今回の決定を受け、2006年に決定した「情報セキュリティの日」は廃止となった。

(Security NEXT - 2014/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
「Exchange Server」の既知脆弱性がAPT攻撃の標的に
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集
新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず