Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティの日」を策定 - 2014年は2月3日

情報セキュリティ政策会議は、「サイバーセキュリティの日」を策定した。はじめて迎える2014年は、2月3日を予定している。

政府では、毎年2月を「情報セキュリティ月間」に定め、情報セキュリティの普及啓発活動を推進しているが、同月において土日を除いた最初のワーキングデーを「サイバーセキュリティの日」として定めたもの。

サイバー空間におけるリスクの深刻化が社会的な課題になっているとして、「情報セキュリティ月間」の趣旨を広く浸透させ、深刻化する脅威やその対策の理解を深めたり、安全に向けた取り組みを重点的に実施する。

なお、今回の決定を受け、2006年に決定した「情報セキュリティの日」は廃止となった。

(Security NEXT - 2014/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析