Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、データセンター向けFW「FortiGate-3700D」を発売

フォーティネットジャパンは、データセンター向けファイアウォール「FortiGate-3700D」を発売した。

同製品は、同社独自の「FortiASIC NP6プロセッサ」を搭載し、最大160Gbpsのスループットを実現する3Uサイズのファイアウォール。

40Gbのスループットを実現したEthernetインタフェースを4ポート、10Gbインタフェース28ポートを搭載。レイテンシ−を2マイクロ秒に押さえており、IPv4とIPv6のトラフィックで同等のパフォーマンスを実現した。

ファイアウォールやIPS、アプリケーション制御などを利用することが可能。仮想ドメイン機能により複数の仮想ユニットに分割し、独立したユニットとして機能させることができる。

(Security NEXT - 2014/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システム向け「FortiGate Rugged」に新モデル - 寒暖差激しい環境にも対応
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」
「FortiMail」が機能強化、HTMLメールへの対策機能を搭載
「FortiGate」のOS最新版、ネットワークのセグメント化で攻撃防御
フォーティネット、VMware NSX向け仮想アプライアンスをリリース
フォーティネット、WAFのラインナップに2製品を追加
フォーティネット、ハイエンドモデルなどUTMラインナップを拡充
フォーティネット、UTM搭載アクセスポイントを発表 - クラウド管理に対応
NECフィールディング、UTM機器の導入と運用を支援する中小向けサービス
フォーティネット、AWSでWAFのオンデマンド提供を開始