Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google PlayにアカウントIDを収集するアプリ - 目的不明、30種類以上

Android端末上に登録されたアカウントのIDを収集する日本語アプリが、「Google Play」で複数確認された。アカウントIDを収集する目的はわかっていないが、悪用される可能性もあるとして、マカフィーでは注意を呼びかけている。

同社が確認した不審アプリは、占いアプリとして公開されている「極占」と出会い系アプリ「bB」。起動するとAndroid端末に登録されているアカウントのIDを取得し、外部サーバへ送信する。12月17日時点でいずれもすでに1〜5万回のダウンロードが行われていた。

同社では、これら以外にもアカウントIDやIMEI、IMSIを外部へ送信するアプリを30種以上を確認。開発者名は異なるが、データ送信のために実装されているコードや送信先が共通で、同じ開発者か関連するグループが作成していると分析。ダウンロード回数は、あわせて数百万回にのぼるという。

収集されたIDの使用目的は不明。不正行為なども現時点では確認されていないという。しかしながら、GoogleのアカウントIDは、Gmailアドレスとして利用されており、業者に売却されたり、スパムや詐欺メールが送信される可能性がある。

またAndroid端末にはFacebookやTwitterをはじめ、SNSやクラウドサービスなど、Google以外のアカウント情報を登録している場合もあり、これらIDが取得されるおそれもある。推測されやすいパスワードを設定している場合は、アカウントに不正アクセスされるおそれもあるほか、SNSなどでは、ID情報をもとに個人情報が検索される可能性もある。

こうした情報へアクセスする権限の許可を求める場合、機能を実現するための正当な要求なのか、情報収集を目的とした要求なのか判断は難しい。同社は、パスワードが盗まれるわけではないものの、セキュリティやプライバシーに対するリスクがあるとして、インストール時に権限が要求された場合は、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止