Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google関連ドメインの不正証明書出回る - 各社が失効措置を実施

フランスの政府系認証局(ANSSI)の傘下にある認証局より、不正な証明書が発行されていたことがわかった。悪用されるおそれがあり、各社が無効化措置を実施している。

問題の証明書を用いて、Google関連ドメインの不正なSSL証明書が発行されていることが判明したもの。悪用は確認されていないが、今後フィッシングや中間者攻撃などに利用されるおそれがあるとして、マイクロソフトやブラウザベンダーは、対応を進めている。

マイクロソフトでは、サポートしているすべてのWindowsが影響を受けるとして、証明書信頼リスト(CTL)を更新。信頼できる証明書から削除した。

「Windows 8」以降については、証明書の自動更新ツールにより更新される。「Windows Vista」以降についても自動更新ツールを導入していれば、同様の対応が自動で行われる。「Windows XP」や「Windows Server 2003」については、近日中に対応プログラムを公開する予定。

Mozillaでは、最新版となる「Firefox 26」や「Firefox 24 ESR」にて、証明書の信頼を取り消す処置を実施。今回の問題をMicrosoftやMozillaに報告したGoogleにおいてもChromeにおいて無効化処置が行われている。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開