Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google関連ドメインの不正証明書出回る - 各社が失効措置を実施

フランスの政府系認証局(ANSSI)の傘下にある認証局より、不正な証明書が発行されていたことがわかった。悪用されるおそれがあり、各社が無効化措置を実施している。

問題の証明書を用いて、Google関連ドメインの不正なSSL証明書が発行されていることが判明したもの。悪用は確認されていないが、今後フィッシングや中間者攻撃などに利用されるおそれがあるとして、マイクロソフトやブラウザベンダーは、対応を進めている。

マイクロソフトでは、サポートしているすべてのWindowsが影響を受けるとして、証明書信頼リスト(CTL)を更新。信頼できる証明書から削除した。

「Windows 8」以降については、証明書の自動更新ツールにより更新される。「Windows Vista」以降についても自動更新ツールを導入していれば、同様の対応が自動で行われる。「Windows XP」や「Windows Server 2003」については、近日中に対応プログラムを公開する予定。

Mozillaでは、最新版となる「Firefox 26」や「Firefox 24 ESR」にて、証明書の信頼を取り消す処置を実施。今回の問題をMicrosoftやMozillaに報告したGoogleにおいてもChromeにおいて無効化処置が行われている。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
Savitech製USBオーディオ機器ドライバが勝手にルート証明書を追加
OpenSSLにセキュリティアップデート - 脆弱性2件を修正
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
「macOS High Sierra 10.13」が登場 - 脆弱性43件を解消
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響