Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、企業向け製品「SEP」の最新版でMacの保護機能を強化

シマンテックは、企業向けエンドポイント対策製品の新版「Symantec Endpoint Protection 12.1.4」を提供開始した。

同製品は、従来の定義ファイルによる保護にくわえ、振る舞い検知を実現する「SONAR」、ファイルレピュテーション機能の「Insight」を備えたウイルス対策機能や侵入防止技術を搭載したエンドポイント向けセキュリティ対策ソリューション。

WindowsとMac OS Xのエンドポイントを一元管理し、レポートを参照することが可能。最新版では、Windows 8.1にくわえ、Mac OS X 10.9 Mavericksをサポートし、Macのリモート配備に対応。多層防御を実現するIPSなど、Windows同様の保護機能をMac版にも追加した。

(Security NEXT - 2013/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も