Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シアンス・アール、韓DUZONISS製PC調査ツール「ARGOS DFAS」を発売

シアンス・アールは、Windowsパソコンの利用状況を調査できる韓DUZONISS製ソフトウェア「ARGOS DFAS」の取り扱いを開始した。

同製品は、対象PCにおける情報を取得、分析するソフトウェア。ソフトウェアをインストールした外付けSSDとして提供する。

調査対象の端末へ接続し、ソフトを起動することにより、ハードウェアの情報や、ログオンの時刻、導入プログラムなどのシステム情報をはじめ、ファイルの一覧、インターネットの閲覧履歴、検索キーワード、最近利用したファイルなどの一覧を取得することが可能。

また機密情報や個人情報が含まれるメールやファイルの一覧を取得し、保存できるほか、ゴミ箱によって削除したファイルも取得できる。

(Security NEXT - 2013/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス