Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で研究発表会応募者のアドレス流出 - 国交省

国土交通省の北海道開発局においてメール誤送信が発生し、研究発表会での論文発表に応募した85人分のメールアドレスが流出した。

誤送信が発生したのは、2014年1月に開催予定の「ふゆトピア研究発表会」における論文発表応募者85人に送信した案内メール。11月28日10時40分ごろ一斉送信した際、誤って全員のメールアドレスを表示した状態となった。

同局では誤送信判明後、対象となる関係者に報告と謝罪を行い、誤送信メールの削除を要請するなどの対応を行った。またメール送信時のチェック体制を整備するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2013/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電子契約書サービスに不正アクセス - 利用者情報が流出
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
取引先情報が流出、開発プラットフォームの設定ミスで - 道新SC
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市
有識者会議の資料送付メールで誤送信 - 内閣官房
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合