Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレビ朝日、映像データの漏洩防止対策を導入

テレビ朝日は、映像の不正利用や外部漏洩を防止する映像システムの本格導入に向けて、現在テスト運用を進めている。

同システムは、デジタル映像データを映像システムにより暗号化、保存するもので、日立製作所が開発した「データプロテクトミドルウェア」を採用した。同ミドルウェアを適用していないシステムでは、映像を閲覧したり編集することができず、映像データの不正利用や外部漏洩などを防止することができる。

暗号化されていない映像データとほぼ同等のスピードで編集処理が可能。また既存のハードディスクなどを引き続き利用することができ、導入コストを抑制できるという。

同社では、現在テスト運用を進めており、2014年度に本格運用を開始する予定。

(Security NEXT - 2013/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応