Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人向けKDriveに盗聴のおそれ - 脆弱性を修正したアップデートが公開

キングソフトが提供するクラウド型ストレージサービス「KDrive」で利用するコンシューマー向けのクライアントソフトに脆弱性「CVE-2013-5999」が含まれていることがわかった。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、「KDrive個人版 PCクライアントソフト」にSSLサーバ証明書の検証処理に不備が存在し、中間者攻撃により通信内容が盗聴されるおそれがあるという。

脆弱性の影響を受けるのは、「同1.21.0.1878」および以前のバージョンで、「KDrive for Business」は含まれない。同社では、脆弱性を修正した最新版を公開している。

今回の脆弱性は、ネットエージェントの山野泰章氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

なお、「KDrive」は、無料版が2014年2月28日、有料版が同年8月29日にサービスを終了することが決定している。

(Security NEXT - 2013/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ