Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「メールボックスを破壊する」と脅すフィッシングメールが発生

中部テレコミュニケーションが提供するウェブメールサービスの利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。メールには、「応答がない場合は、メールボックスを破壊する」と脅迫めいた文言も含まれていた。

「コミュファ光Webメール」をかたるフィッシングメールが出回っているとして、同サービスを運営する中部テレコミュニケーションやフィッシング対策協議会が注意喚起を実施したもの。

問題のフィッシングメールでは、「メールボックスを保護するためにアカウントをアップグレードしてください」などと説明。偽サイトへ誘導し、IDやパスワードなどを詐取する。

フィッシングメールの本文は、機械翻訳で作成されたと見られ、一部たどたどしい日本語が含まれる。また「48時間以内に応答がない場合はメールボックスを破壊する」といったユーザーを動揺させる文言も添えられていた。

11月19日の時点でフィッシングサイトは稼働しており、サイトの閉鎖に向けて、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。また誤って情報送信しないように注意を促すとともに、類似サイトを発見した場合は、同協議会へ情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化