Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「メールボックスを破壊する」と脅すフィッシングメールが発生

中部テレコミュニケーションが提供するウェブメールサービスの利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。メールには、「応答がない場合は、メールボックスを破壊する」と脅迫めいた文言も含まれていた。

「コミュファ光Webメール」をかたるフィッシングメールが出回っているとして、同サービスを運営する中部テレコミュニケーションやフィッシング対策協議会が注意喚起を実施したもの。

問題のフィッシングメールでは、「メールボックスを保護するためにアカウントをアップグレードしてください」などと説明。偽サイトへ誘導し、IDやパスワードなどを詐取する。

フィッシングメールの本文は、機械翻訳で作成されたと見られ、一部たどたどしい日本語が含まれる。また「48時間以内に応答がない場合はメールボックスを破壊する」といったユーザーを動揺させる文言も添えられていた。

11月19日の時点でフィッシングサイトは稼働しており、サイトの閉鎖に向けて、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。また誤って情報送信しないように注意を促すとともに、類似サイトを発見した場合は、同協議会へ情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意