Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を作り込まないための「ファジング」入門セミナー

情報処理推進機構は、脆弱性を検出する技術「ファジング」の入門セミナーを11月26日に開催する。

ファジングは、製品化以前にソフトウェアへ問題を起こす可能性があるさまざまなデータを入力し、テストすることで、バグや脆弱性を発見する技術。品質向上に有効とされているが、浸透していないため、同機構では、参考資料を公開するなど利用を推進している。

同セミナーでは、企業や組織において製品開発テストの担当者を対象に、「ファジング」について解説するもので、技術の概要から、製品開発における活用方法、ツールの使用方法などを説明する。

参加費用は1000円。定員は30名で、ウェブサイトにて先着順で受け付ける。

(Security NEXT - 2013/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

権威DNSサーバ「NSD」にアップデート - 脆弱性を解消
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
Google、2.7万件以上のバグを発見したファジングツールをオープンソース化
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
IPA、脆弱性の発見に役立つ「ファジング活用の手引き」を更新
日立シス、制御システムに特化したファジングツールなど
FFRI、ネットワーク組込機器向けファジングツールに新版
ロック、ファジングツールの運用支援サービスを開始
IPA、脆弱性発見に役立つ「ファジング」入門セミナー