Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、IPSによる仮想パッチとシステム監視を組み合わせた「Windows XP」の保護サービス

SCSKは、脆弱性攻撃を防御するIPSの仮想パッチと、システムの監視サービスを組み合わせた「Windows XP保護ソリューション」を提供開始した。

同サービスは、組織内のネットワークに「HP TippingPoint IPS」を設置。「仮想セキュリティパッチ」を利用することで「Windows XP」のクライアント端末を保護し、さらにシステムの運用や監視を行う「SCSK Global CSIRT/SOCサービス」をあわせて提供するセキュリティソリューション。

2014年に「Windows XP」のサポートが終了し、セキュリティ更新プログラムの供給が停止することから、移行がまにあわない企業や、引き続き同OSを継続利用する企業に対して拡販を目指す。

利用環境にあわせ、IPSやポリシーのチューニングを実施。脆弱性診断による外部脅威の把握や、監視に基づく影響範囲の調査、解決策の提示なども提供する。

価格は、「HP TippingPoint IPS」が300万円から。システムの運用や監視を行う「SCSK Global CSIRT/SOCサービス」が20万円/月から。

(Security NEXT - 2013/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Petya」も狙う「MS17-010」の脆弱性、少なくとも4000万台弱の未修正端末が稼働
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」
「WannaCrypt」感染の9割超が「Windows 7」- 「Windows 10」でも
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
「Chrome 50」の安定版がリリース、セキュリティ上の問題20件を修正