Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

賃貸住宅入居者向けサイトに不正アクセス - クラウドDB運営会社の顧客情報漏洩が原因

賃貸住宅の入居者向けコミュニティサイト「マチコエ」のデータベースが不正アクセスを受け、入居者の個人情報が、外部へ流出した可能性のあることがわかった。

同サイトを運営するマチコエによれば、同サイトで利用するクラウド型データベースの運営会社である米MongoHQの内部システムに対し、10月27日に不正アクセスが発生。マチコエのデータベースに接続するための管理者情報を含む顧客データが外部へ流出した。

MongoHQより報告があり問題が発覚。マチコエのデータベースに対しても不正アクセスの形跡が残っていたという。同サービスのIDや登録メールアドレス、暗号化されたパスワードが流出した可能性がある。

また同サイトのASPサービスを利用していた陽光都市開発が管理する横浜市みなとみらいエリアの賃貸物件7棟256戸の入居者氏名、住所、賃料といった個人情報、そのうち同サイトに登録した67人については、マチコエID、メールアドレス、暗号化されたログインパスワード、一部電話番号や生年月日などが流出したおそれがある。

マチコエでは、不正アクセス判明後、一時的にサイトを閉鎖。同サイトのデータベースにアクセスするための管理者情報を変更した。対象となる関係者には、陽光都市開発と協力しながら個別に連絡し、事情の説明を行う方針。今後は、安全性の高いデータベースへの移行など、セキュリティ対策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2013/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト