Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア「Ramnit」が高機能化 - FTPネットワーク構築する亜種も

感染したパソコンから情報を盗み出すマルウェア「Ramnit」が高機能化している。FTPネットワークを構築する亜種も確認されている。

「Ramnit」は、2010年にリムーバブルディスク経由の感染で拡大するワームとして登場。わずか1年で800万台以上に感染を拡大した。

その後の機能強化により、実行ファイルやライブラリファイル、HTMLファイル、Wordファイルへの感染機能を搭載。Internet Explorer上で入力されたオンラインバンキングやゲーム、FTPなどのアカウント情報を盗むマルウェアに進化し、外部との通信機能のほか、スクリーンショットの撮影や、Cookieの収集、ウイルス対策機能の無効化などさまざまな機能を備える亜種が出回っている。

米McAfeeによれば、最近もアクティブな通信先を持つ亜種が確認された。感染したPC端末をFTPサーバとして動作させ、ネットワークを構築。端末内部のファイルを窃取したり、悪意あるファイルの実行など、コマンドにより外部から制御できるという。

また通信先のサーバとは、TCP443番ポートで独自の暗号化通信を行い、外部サーバから命令を受信。通信先のサーバは、セキュリティ専門家によって一部無効化されたものの、依然としてドメインが稼働しており、他マルウェアの攻撃に利用されたり、フィッシングに悪用される可能性があると、McAfeeでは指摘している。

「Ramnit」ファミリーについては、今回注意を呼びかけたMcAfeeはもちろん、「Windows 8」などに搭載されている「Windows Defender」など多数製品が対応している。最新のセキュリティ対策ソフトを活用することで、同マルウェアの被害を防ぐことができる。

(Security NEXT - 2013/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可