Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が入札情報とともに居住者の個人情報を漏洩 - 神奈川県住宅供給公社

神奈川県住宅供給公社は、委託先の職員から特定の建設業者に対し、公社が所有する賃貸住宅の居住者24世帯の個人情報が流出していたことを明らかにした。

同公社が所有する賃貸住宅の防音工事に関連して、業務委託先であるかながわ土地建物保全協会の職員から特定の建設業者に対し、入札情報とともに居住者の個人情報を提供していたという。

流出したのは防音工事を行う24世帯の氏名や電話番号など。同公社では、対象世帯に対し、説明と謝罪を行った。今後は、委託先の指導や監督を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2013/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
関連機関で性的少数者の個人情報を漏洩 - 富士市
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市