Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が入札情報とともに居住者の個人情報を漏洩 - 神奈川県住宅供給公社

神奈川県住宅供給公社は、委託先の職員から特定の建設業者に対し、公社が所有する賃貸住宅の居住者24世帯の個人情報が流出していたことを明らかにした。

同公社が所有する賃貸住宅の防音工事に関連して、業務委託先であるかながわ土地建物保全協会の職員から特定の建設業者に対し、入札情報とともに居住者の個人情報を提供していたという。

流出したのは防音工事を行う24世帯の氏名や電話番号など。同公社では、対象世帯に対し、説明と謝罪を行った。今後は、委託先の指導や監督を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2013/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市