Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、ファイル制御で情報漏洩を防ぐ「WatchDox」の日本語版

NTTソフトウェアは、ファイルに操作制限を付与することで、アクセスコントロールを実現し、情報漏洩を防ぐソリューション「WatchDox」日本語版を10月31日より発売する。

同製品は、米WatchDoxが開発したファイルのアクセス制御製品。4月より英語版を販売しており、今回日本語版をあらたに追加した。

ファイルを暗号化し、閲覧や印刷、編集、コピー、ファイル有効期限などの権限を付与することが可能で、外部に提供したファイルから情報が漏洩することを防止する。

ファイルの追跡やログ管理、遠隔削除も可能。送信先で誰がどのような操作を行ったか確認できる。インターネットへ接続できないオフライン環境に対しては、一定期間後に閲覧不可としたり、消去するといった設定が行える。

ファイル形式は「Word」「Excel」「PowerPoint」「PDF」のほか、「JPEG」や「PNG」をはじめとするイメージファイルにも対応している。

価格は、50ユーザー、300Gバイトの最小構成で年額120万円から。閲覧のみの利用者は無料で利用できる。

(Security NEXT - 2013/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定