Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Blackhole」関連の脅威が複数ランクイン、IEのゼロデイ攻撃も確認 - マカフィーまとめ

マカフィーは、同社が9月に検知したマルウェアの状況について取りまとめた。「Blackhole」などエクスプロイトキットを利用したドライブバイダウンロード攻撃関連の脅威が依然として活発な動きを見せている。

同社がまとめたウイルスランキングを見ると、検知企業数、データ数、マシン数でいずれもトップは任意のファイルをダウンロードして実行するトロイの木馬「Generic Downloader.z」だった。また検知企業数では2位に入った「JS/Exploit!JNLP.c」を含め、「Blackhole」関連の脅威が6種がランクインしている。

一方、ネットバンキングのアカウント情報を盗む「Zeus」の1種「PWS-Zbot.gen.ate」が、企業数の7位、マシン数の8位に入っている。同ウイルスは、ドライブバイダウンロード攻撃で最終的にインストールされることが多く、それ以外でも他マルウェアによるダウンロードや、メールの添付ファイルなどの感染経路が確認されている。

同社が発表した9月の検知マシン数トップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic Downloader.z
2位:JS/Exploit!JNLP.c
3位:Generic!atr
4位:RDN/PWS-OnlineGame.ck!c
5位:W32/Conficker.worm!inf
6位:JS/Blacole-Redirect.ag
7位:JS/Exploit-Blacole.gc
8位:PWS-Zbot.gen.ate
9位:JS/Exploit!JNLP
10位:W32/Conficker.worm.gen.a

不審なプログラム(PUP)

1位:Adware-Bprotect
2位:Adware-Bprotect.c
3位:Adware-Bprotect!E5DA3B11ABBF
4位:Adware-Bprotect!72067853C339
5位:Generic PUP.x!bjg
6位:Tool-PassView
7位:Generic PUP.x
8位:Adware-Bprotect!ED0C4D3A2B8B
9位:Adware-Bprotect!497B23C29355
10位:Adware-AddLyrics!9A33CDCA291D

(Security NEXT - 2013/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト