Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Blackhole」関連の脅威が複数ランクイン、IEのゼロデイ攻撃も確認 - マカフィーまとめ

マカフィーは、同社が9月に検知したマルウェアの状況について取りまとめた。「Blackhole」などエクスプロイトキットを利用したドライブバイダウンロード攻撃関連の脅威が依然として活発な動きを見せている。

同社がまとめたウイルスランキングを見ると、検知企業数、データ数、マシン数でいずれもトップは任意のファイルをダウンロードして実行するトロイの木馬「Generic Downloader.z」だった。また検知企業数では2位に入った「JS/Exploit!JNLP.c」を含め、「Blackhole」関連の脅威が6種がランクインしている。

一方、ネットバンキングのアカウント情報を盗む「Zeus」の1種「PWS-Zbot.gen.ate」が、企業数の7位、マシン数の8位に入っている。同ウイルスは、ドライブバイダウンロード攻撃で最終的にインストールされることが多く、それ以外でも他マルウェアによるダウンロードや、メールの添付ファイルなどの感染経路が確認されている。

同社が発表した9月の検知マシン数トップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic Downloader.z
2位:JS/Exploit!JNLP.c
3位:Generic!atr
4位:RDN/PWS-OnlineGame.ck!c
5位:W32/Conficker.worm!inf
6位:JS/Blacole-Redirect.ag
7位:JS/Exploit-Blacole.gc
8位:PWS-Zbot.gen.ate
9位:JS/Exploit!JNLP
10位:W32/Conficker.worm.gen.a

不審なプログラム(PUP)

1位:Adware-Bprotect
2位:Adware-Bprotect.c
3位:Adware-Bprotect!E5DA3B11ABBF
4位:Adware-Bprotect!72067853C339
5位:Generic PUP.x!bjg
6位:Tool-PassView
7位:Generic PUP.x
8位:Adware-Bprotect!ED0C4D3A2B8B
9位:Adware-Bprotect!497B23C29355
10位:Adware-AddLyrics!9A33CDCA291D

(Security NEXT - 2013/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始