Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「情報セキュリティ国際キャンペーン」を展開

政府は、情報セキュリティ対策の普及と国際連携を推進するため、「情報セキュリティ国際キャンペーン」を10月に展開する。

ウイルス感染や情報漏洩といった事故が多発し、セキュリティ対策が世界共通の課題となっているとして、政府機関や関係団体、海外諸国と協力し、国際連携による行事や情報セキュリティ対策に関する情報提供を展開する。

政府では、フィリピンのマニラで10月9日、10日の2日間の日程で第6回目となる「日・ASEAN情報セキュリティ政策会議」にて連携強化に向けた意見交換を行う予定で、これにあわせてASEAN各国との連携による啓発活動を繰り広げる。

日本からASEAN各国に対して教材を提供し、日・ASEANで共同して意識の啓発に取り組むほか、10月25日に東京国際フォーラムにて、各国関係者やセキュリティ専門家を招き、「日・ASEANサイバーセキュリティ国際シンポジウム」を開催する予定。

また情報発信として、「情報セキュリティ国際キャンペーン」のウェブサイトを提供し、日本を含む各国の情報セキュリティ教材など、各国の取り組みを紹介。各府省庁や関係団体が作成した意識啓発関連の動画を「NISC動画チャンネル」として配信する。

さらに注意すべきポイントを簡潔に説明した「情報セキュリティ 今日の一言」の掲示、意識啓発ポスターやインターネットバナーの配布、キャッチフレーズである「知る、守る、続ける」や「情報セキュリティ対策3か条」の普及を目指して活動を展開していく。

(Security NEXT - 2013/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に