Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中日新聞の女性向けサイト「オピ・リーナ」に不正アクセス - 投稿者の個人情報流出

中日新聞の女性向け情報サイト「オピ・リーナ」が不正アクセスを受け、応募コーナーへの投稿データが漏洩した可能性があることが判明した。

中日新聞社によれば、8月26日に同サイトの応募コーナーを管理するサーバに不正アクセスの痕跡があることが判明。調査したところ、サーバ内の情報を取得するために、不正なファイルを設置されていたことがわかった。

1月30日から5月28日にかけて不正アクセスを受けており、応募コーナーに投稿された5万5540件のうち、数千件のデータが閲覧された可能性がある。投稿データには、投稿者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報が含まれるが、不正利用の報告は受けていない。閲覧によるウイルス感染の可能性については否定した。

同社では、対象となる投稿者にメールで報告を行い、サーバ内の個人情報をすべて削除した。今後は、同サイトのセキュリティ対策を見直すという。

(Security NEXT - 2013/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で