Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の約2割が無許可のファイル共有ツールを利用 - トレンド調査

トレンドマイクロは、企業における業務ファイル共有の実態調査を実施し、結果を取りまとめた。

同調査は、社外と業務ファイルを共有する一般従業員309人および情報管理者309人を対象に、8月24日から26日にかけてウェブ上でアンケートを実施したもの。

会社から明確に使用が許可されていないファイル共有ツールの使用状況に関する質問では、一般従業員の10%が「日常的に利用している」と回答。また「時々利用する」も12.6%にのぼる。「過去に利用したことがある(10.7%)」とあわせると33.3%が利用経験があった。

またファイル共有ツールの利用に関する規定について聞いたところ、オンラインストレージサービスについては「規定があるかわからない」が24.3%、「特に規定はない」が31.1%で、利用規定が曖昧のまま使用している実態が明らかになった。

オンラインストレージの業務利用を禁止もしくは条件付きで許可している企業の管理者も、「多くの従業員が使っていると思う(10.1%)」「一部の従業員は使っていると思う(54.5%)」と回答。問題を認識しつつも実効性のある対策を講じていなかった。

また管理者の59.5%が、現在会社が指定しているファイル共有ツールが不十分と考えている。理由を見ると「ファイルが外部に漏洩するリスクがある(30.4%)」が最多。次いで「従業員の業務効率を下げている(20.3%)」が多かった。

(Security NEXT - 2013/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
TCP 52869番ポートへのパケット - 「Mirai」亜種による感染活動の可能性
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
「WannaCrypt」発生以降、445番ポートへのパケットが増加
複数Cisco製品にSamba起因の脆弱性 - 一部製品は影響を調査中