Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性が修正された「WordPress 3.6.1」が公開 - 日本語版も提供開始

複数の脆弱性が修正された人気CMSの最新版「WordPress 3.6.1」が公開された。日本語版の提供開始されている。

今回のアップデートは、メンテナンスリリースで、13件のバグを修正した。またリモートでコードが実行される脆弱性や、投稿者が他投稿者になりすまして投稿できる問題、クロスサイトスクリプティングの脆弱性などに対応した。

最新版は、ウェブサイトより入手することが可能。また管理画面よりアップデートできる。

(Security NEXT - 2013/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行