Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要施設に感染拡大する「NetTraveler」が「Java」の脆弱性を悪用

官民の重要施設を狙い、40カ国以上で被害が拡大している「NetTraveler」に関して、あらたな攻撃が確認された。6月に公表されたJavaの脆弱性を悪用しており、高い成功率を誇っているという。

「NetTraveler」は、標的型攻撃を行うためのツールキット。「Travnet」や「Netfile」「Red Star APT」といった別名でも知られており、ファイルやキー操作ログ、システムリストなどを盗み出す。

2004年より活動する古いマルウェアだが、2010年より感染活動が活発化。航空宇宙、エネルギー、通信分野などさまざまな重要施設を狙い拡大し、感染国は、日本や米国のほか、40カ国以上にのぼっている。

露Kaspersky Labが6月に活動状況を報告して注目を集めたが、当時の攻撃では、「Officeファイル」を利用しており、1年以上前に公表された古い脆弱性を悪用している。

これまで「ゼロデイ攻撃」は確認されていないものの、あらたな攻撃では、2013年6月に公開されたJavaの脆弱性を悪用。高い確率で攻撃を成功させているという。感染は、標的型攻撃メールにくわえ、ドライブバイダウンロード攻撃によりウェブ経由で拡大。また別のエクスプロイトに統合された可能性も指摘されている。

同社では、同マルウェアへの対策として、「Java」や「Office」「Adobe Reader」を最新版へアップデートし、ブラウザについては「Internet Explorer」ではなく、アップデートの頻度が多い「Chrome」の活用を紹介。メールの添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状