Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMS利用サイトで改ざん被害が約20万件 - 脆弱性突かれスパム配信の踏み台に

オープンソースのCMSを利用しているウェブサイトで改ざんが多発している。改ざんを確認したトレンドマイクロによれば、約20万件にのぼるという。

同社では、スパム配信に用いられるボットネット「Stealrat」を監視している課程で、スパム配信に改ざんサイトを特定したもの。改ざん被害に遭っているサイトは、4月から7月までの4カ月間に同社が確認しただけでも約19万5000件にのぼる。

踏み台に悪用されたサイトは、いずれもオープンソースの人気CMS「WordPress」「Joomla!」「Drupal」を利用しており、未修正の脆弱性が悪用され、送信用のPHPファイルを設置されたと見られている。

同社によれば、一連のスパム送信には、「sm13e.php」「sm14e.php」といったファイルが用いられており、サイトの管理者は、これらファイルの有無を確認することで被害にあっていないか調べることが可能だという。

またファイル名が変更されている可能性もあるため、これらPHPファイル内に含まれるコード「die(PHP_OS.chr(49).chr(48).chr(43).md5(0987654321)」を用いて検索する方法を紹介している。

(Security NEXT - 2013/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始