Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県が購入予定の土地所有者の個人情報をネット上に誤掲載 - 奈良県

奈良県は、古都法に基づく土地購入で、同県が買い入れを申し出ている土地所有者の個人情報を、誤って同県公式サイト上に掲載したことを明らかにした。

同県によると、7月11日に買入予定地の不動産鑑定評価書業務委託の入札仕様書をサイト上に掲載した際、同県が買い入れを申し出ている土地所有者54人の氏名および買入対象地の地番など、個人情報を記載した部分を誤って掲載したという。

8月5日に外部から指摘を受けて判明。該当部分を削除した。対象となる土地所有者に対しては、電話と書面で謝罪している。

(Security NEXT - 2013/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
食物アレルギーなど小学校児童の個人情報をサイトに誤掲載 - 福岡市
セミナー案内メール誤送信 - 大分の建設会社
調査に協力した患者のカルテを従業員が不正に閲覧 - バイエル薬品
イベントチラシに一般出演者の氏名掲載でトラブル - 横浜市
個人情報を県のウェブサイトに誤って公開 - 鳥取県
患者の個人情報含む論文を誤って投稿、閲覧可能に - 杏林大