Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県が購入予定の土地所有者の個人情報をネット上に誤掲載 - 奈良県

奈良県は、古都法に基づく土地購入で、同県が買い入れを申し出ている土地所有者の個人情報を、誤って同県公式サイト上に掲載したことを明らかにした。

同県によると、7月11日に買入予定地の不動産鑑定評価書業務委託の入札仕様書をサイト上に掲載した際、同県が買い入れを申し出ている土地所有者54人の氏名および買入対象地の地番など、個人情報を記載した部分を誤って掲載したという。

8月5日に外部から指摘を受けて判明。該当部分を削除した。対象となる土地所有者に対しては、電話と書面で謝罪している。

(Security NEXT - 2013/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
クイズ当選者の個人情報含むPCを紛失 - 産経新聞