Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんの原因となる脆弱性、2013年前半だけで101件

「WordPress」をはじめとするCMSや、「Apache Struts」など、ウェブサイトが改ざんされる原因になる脆弱性が、2013年前半だけで101件が見つかっている。ウェブ管理者は注意が必要だ。

情報処理推進機構(IPA)が、2013年第2四半期における脆弱性データベース「JVN iPedia」の登録状況を発表し、明らかになったもの。

同データベースは、国内のソフトウェア開発者が公表した脆弱性情報や、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」の公開情報、米国国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の情報を収録したもの。2007年4月より公開している。

同四半期に登録された脆弱性対策情報は、国内製品開発者から収集した情報が5件、JVNの掲載情報が128件、NVDの情報が1067件で合計1200件となり、前四半期の1237件をわずかに下回った。またこれにより累計登録件数が4万536件となり、4万件の大台を超えている。

同四半期に登録された脆弱性対策情報を種類別に見ると、「バッファエラー」が194件で最多。次いで「クロスサイトスクリプティング(130件)」「認可・権限・アクセス制御の問題(114件)」「不適切な入力確認(96件)」「リソース管理の問題(82件)」「情報漏洩(55件)」と続く。

登録済み脆弱性情報の深刻度別割合は、CVSS基本値が7.0から10.0で「危険」とされる「レベルIII」が全体の45%を占める。「警告」とされる「レベルII」は49%、3段階中もっとも低い「注意」の「レベルI」は6%。前四半期からの変化はなかった。

「Joomla!」や「WordPress」などCMSをはじめ、「Apache Struts」「Parallels Plesk Panel」「MySQL」「BIND」「phpMyAdmin」など、ウェブサイトの改ざん攻撃に悪用されるケースが多いソフトウェアの脆弱性が引き続き登録されている。

2007年以降は毎年200件前後の脆弱性情報が登録されており、2013年は6月末時点で101件が登録されている。サイト改ざんを未然に防ぐため、速やかなバージョンアップが求められる。

また2014年4月にサポートが終了する「Windows XP」について、これまで登録された脆弱性情報の71%が最も危険な「レベルIII」、26%が「レベルII」であるとして、攻撃に悪用された場合深刻な被害が想定されると指摘。サポート終了前に他製品に移行するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 脆弱性を解消
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント