Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用する攻撃ツールが公開 - 3日間で37件の被害

7月16日に修正されたばかりの「Apache Struts 2」の脆弱性「CVE-2013-2251」に対する攻撃の勢いが、日ごとに増している。すでに悪用ツールが公開されており、改ざんや情報漏洩などの被害拡大が懸念される。

今回の攻撃について監視を続けているラックによれば、アップデートが公開された翌17日の時点だけで89個のIPアドレスを発信元とした攻撃を観測。さらに18日には140個まで拡大した。これらIPアドレスからは、複数のサイトに対して攻撃が行われている。

さらに脆弱性を悪用するための攻撃ツールが公開されており、詳しい知識がなくても容易にコマンドの実行やファイルの作成が行える状況だ。

攻撃内容としては、内部調査やコマンドの実行のほか、バックドアを作成。外部からデータを取得する動きも見られる。当初17日の時点では、内部調査を行うコマンド実行がほとんどを占めていたが、19日朝からは、バックドアを設置しようとする攻撃が目立っている。

同社が監視する範囲だけで実際に被害が発生したケースを7月17日に16件、18日に19件を観測した。各社脆弱性対策を進めており、効果が現れているが、19日にも2件の被害事例を確認している。

攻撃の明確な意図、目的はわかっていない。バックドアファイルの設置を試みていることから、ウェブサイトの改ざんや、情報の窃取といった被害が今後顕在化する可能性があると同社では警鐘を鳴らしている。

問題の脆弱性は、7月16日に公開された「Apache Struts 2.3.15.1」で修正されており、アップデートすることで修正が可能。すぐに適用できない場合は、リクエストのパラメータに対して制限をかけたり、IPSの導入で攻撃を防ぐことができる。

ちなみに、今回公開された「Apache Struts 2.3.15.1」では、攻撃対象となっている「CVE-2013-2251」を含む2件の脆弱性が修正されている。いずれも日本から報告された脆弱性だった。報告者は三井物産セキュアディレクションの寺田健氏。

(Security NEXT - 2013/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
CiscoやOracle、「Struts 2」脆弱性の影響受ける製品をアナウンス
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
「Apache ActiveMQ」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース