Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、6月後半より不正な新種ifameの検知増加

カスペルスキーは、マルウェア「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」の検知数が国内で増加しているとして注意を呼びかけている。

「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」は、ウェブサイトに埋め込まれた悪意ある「iframe」タグを検知したもの。閲覧することで、マルウェアを感染するおそれがある。ウェブサイトの改ざんなどで被害が拡大している可能性もある。

同社では、6月25日より感染を確認しており、7月5日の時点でワールドワイドにおいて6445件のユーザーから検知した。通知数は1万6000件を超えているという。特に感染が目立っているのは、日本と米国で1000件近くを検知。インド、ドイツなども、500件強を観測している。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
経済産業省、個人情報漏洩でベネッセに報告徴収の要請
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も