Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、6月後半より不正な新種ifameの検知増加

カスペルスキーは、マルウェア「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」の検知数が国内で増加しているとして注意を呼びかけている。

「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」は、ウェブサイトに埋め込まれた悪意ある「iframe」タグを検知したもの。閲覧することで、マルウェアを感染するおそれがある。ウェブサイトの改ざんなどで被害が拡大している可能性もある。

同社では、6月25日より感染を確認しており、7月5日の時点でワールドワイドにおいて6445件のユーザーから検知した。通知数は1万6000件を超えているという。特に感染が目立っているのは、日本と米国で1000件近くを検知。インド、ドイツなども、500件強を観測している。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OSSアーカイバライブラリで作製した自己解凍ファイルに脆弱性 - 修正版で再作成を
NEC、「セキュリティ経営ガイドライン」踏まえたコンサルサービス
2016年4QのDDoS攻撃は16%減 - 100Gbps超は12件
2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に
ニコン通販サイト、12日間にわたり非暗号通信 - クレカ情報など送受信
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
NEC、ASEAN6カ国を対象としたサイバー攻撃防御演習を実施
「MongoDB」の探索行為、国内でも増加を観測 - 「ビッグデータ」が標的に
「サイバーコロッセオ×SECCON」が3月5日開催 - 登録締切迫る
トレンド、セキュリティ動画コンテストの結果を発表