Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、6月後半より不正な新種ifameの検知増加

カスペルスキーは、マルウェア「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」の検知数が国内で増加しているとして注意を呼びかけている。

「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」は、ウェブサイトに埋め込まれた悪意ある「iframe」タグを検知したもの。閲覧することで、マルウェアを感染するおそれがある。ウェブサイトの改ざんなどで被害が拡大している可能性もある。

同社では、6月25日より感染を確認しており、7月5日の時点でワールドワイドにおいて6445件のユーザーから検知した。通知数は1万6000件を超えているという。特に感染が目立っているのは、日本と米国で1000件近くを検知。インド、ドイツなども、500件強を観測している。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
セキュリティ製品によるJPCERT/CCサイトの誤検知が復旧
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み