Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、6月後半より不正な新種ifameの検知増加

カスペルスキーは、マルウェア「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」の検知数が国内で増加しているとして注意を呼びかけている。

「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」は、ウェブサイトに埋め込まれた悪意ある「iframe」タグを検知したもの。閲覧することで、マルウェアを感染するおそれがある。ウェブサイトの改ざんなどで被害が拡大している可能性もある。

同社では、6月25日より感染を確認しており、7月5日の時点でワールドワイドにおいて6445件のユーザーから検知した。通知数は1万6000件を超えているという。特に感染が目立っているのは、日本と米国で1000件近くを検知。インド、ドイツなども、500件強を観測している。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 顧客情報含むサーバへ不正アクセス
WP向けプラグイン「Popup Maker」にXSSの脆弱性
県立高校において生徒の成績票を紛失 - 岐阜県
ブロックチェーンによる「本人確認」システム - マネロン対策などに活用
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
県立高校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 静岡県
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
「gSOAP」に脆弱性、2GB超の細工されたデータの処理で影響
CSSカスタマイズ用WordPressプラグインに脆弱性 - アップデートが公開