Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、6月後半より不正な新種ifameの検知増加

カスペルスキーは、マルウェア「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」の検知数が国内で増加しているとして注意を呼びかけている。

「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」は、ウェブサイトに埋め込まれた悪意ある「iframe」タグを検知したもの。閲覧することで、マルウェアを感染するおそれがある。ウェブサイトの改ざんなどで被害が拡大している可能性もある。

同社では、6月25日より感染を確認しており、7月5日の時点でワールドワイドにおいて6445件のユーザーから検知した。通知数は1万6000件を超えているという。特に感染が目立っているのは、日本と米国で1000件近くを検知。インド、ドイツなども、500件強を観測している。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
厚労省、個人情報含む文書を誤送信