Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、6月後半より不正な新種ifameの検知増加

カスペルスキーは、マルウェア「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」の検知数が国内で増加しているとして注意を呼びかけている。

「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」は、ウェブサイトに埋め込まれた悪意ある「iframe」タグを検知したもの。閲覧することで、マルウェアを感染するおそれがある。ウェブサイトの改ざんなどで被害が拡大している可能性もある。

同社では、6月25日より感染を確認しており、7月5日の時点でワールドワイドにおいて6445件のユーザーから検知した。通知数は1万6000件を超えているという。特に感染が目立っているのは、日本と米国で1000件近くを検知。インド、ドイツなども、500件強を観測している。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
東ガスの料金照会サイトに再度PWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る