Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、6月後半より不正な新種ifameの検知増加

カスペルスキーは、マルウェア「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」の検知数が国内で増加しているとして注意を呼びかけている。

「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」は、ウェブサイトに埋め込まれた悪意ある「iframe」タグを検知したもの。閲覧することで、マルウェアを感染するおそれがある。ウェブサイトの改ざんなどで被害が拡大している可能性もある。

同社では、6月25日より感染を確認しており、7月5日の時点でワールドワイドにおいて6445件のユーザーから検知した。通知数は1万6000件を超えているという。特に感染が目立っているのは、日本と米国で1000件近くを検知。インド、ドイツなども、500件強を観測している。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱重工とNTT、サイバー攻撃から制御システムを保護する新技術
シマンテック、機械学習を活用した「SEP 14」 - パッカー対抗も
経産省、個人情報漏洩でイプサに報告を要請 - 期限は2週間後
マイナンバーカード交付の遅延が解消 - 今後は1カ月以内目安に発送
クレカ情報5.6万件含む個人情報42万件が流出した可能性 - イプサ
薬剤科見学会参加者への連絡メールを誤送信 - 都立病院
バッファロー製のネットワークカメラに6件の脆弱性 - アップデートがリリース
国交省、ドラレコ映像の管理徹底を通知 - ASKA容疑者の映像流出で
フィッシング報告数が倍増するも低水準 - LINEやゲーム関連も影響
イー・ガーディアン、VRコンテンツ向けにセキュリティ対策サービスなど計画