Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、6月後半より不正な新種ifameの検知増加

カスペルスキーは、マルウェア「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」の検知数が国内で増加しているとして注意を呼びかけている。

「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」は、ウェブサイトに埋め込まれた悪意ある「iframe」タグを検知したもの。閲覧することで、マルウェアを感染するおそれがある。ウェブサイトの改ざんなどで被害が拡大している可能性もある。

同社では、6月25日より感染を確認しており、7月5日の時点でワールドワイドにおいて6445件のユーザーから検知した。通知数は1万6000件を超えているという。特に感染が目立っているのは、日本と米国で1000件近くを検知。インド、ドイツなども、500件強を観測している。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
ビッグデータの不正利用防ぐ法整備、7割弱が「賠償基準明確化」「罰則強化」望む
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
マイナンバー含む税額決定通知書の誤送付が判明 - 千葉市
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
イー・ガーディアン、HASHコンサルなど子会社3社の社名を変更 - CIも統一
Sambaにリモートより攻撃可能な深刻な脆弱性 - 「同3.5」以降に存在
大量の脆弱性報告で注意喚起、インストーラ作製アプリなどに起因 - 脆弱性狙うマルウェアも