Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、インターポールとサイバー犯罪対策で協力

トレンドマイクロは、国際刑事警察機構(インターポール)と、サイバー犯罪対策で協力すると発表した。

両者は、6月21日にインターポールの本部があるフランスのリヨンで会合を開き、サイバー犯罪対策に関する協力関係を築くことで合意した。

トレンドマイクロでは、今回の合意に基づき、同機構を通じて加盟国の政府機関や警察、重要インフラ事業者に対し、技術向上に向けたeラーニングや講義によるトレーニングを提供する。

インターポールでは、シンガポールにサイバー犯罪対策の研究や、トレーニング、捜査支援などを行う「The INTERPOL Global Complex for Innovation」の設立を進めており、セキュリティ関連企業との協力体制を強化している。

これまでも露Kaspersky Labが、積極支援を表明しているほか、日本国内からも、NECやラック、フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)、サイバーディフェンス研究所(CDI)などが協力を発表している。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ