Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ情報総研、多言語対応ソースコード診断サービスを提供 - AndroidやiOSアプリも可

みずほ情報総研は、ソフトウェアの「ソースコード」から脆弱性の有無をを診断する「ソースコード脆弱性診断サービス」の提供を開始する。

同サービスは、日本HPのソースコード解析ツール「HP Fortify SCA」を利用したサービス。みずほフィナンシャルグループ内で同製品を活用したノウハウをサービスメニュー化した。より幅広い業種に向けてサービスを展開するという。

同サービスを利用することにより、開発の初期段階で脆弱性の有無を検証でき、脆弱性の作り込みを押さえることが可能。Java、ASP.NET、PHPなど21言語のソースコードの分析が可能で、iPhoneやAndroidなどスマートフォン向けアプリの解析にも対応する。

オンサイト診断では、約1週間で解析結果を提供。料金は、1診断あたり99万7500円から。再診断は42万円から。脆弱性の修正、開発体制の構築支援など、コンサルティングサービスなども用意している。

(Security NEXT - 2013/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応