Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ情報総研、多言語対応ソースコード診断サービスを提供 - AndroidやiOSアプリも可

みずほ情報総研は、ソフトウェアの「ソースコード」から脆弱性の有無をを診断する「ソースコード脆弱性診断サービス」の提供を開始する。

同サービスは、日本HPのソースコード解析ツール「HP Fortify SCA」を利用したサービス。みずほフィナンシャルグループ内で同製品を活用したノウハウをサービスメニュー化した。より幅広い業種に向けてサービスを展開するという。

同サービスを利用することにより、開発の初期段階で脆弱性の有無を検証でき、脆弱性の作り込みを押さえることが可能。Java、ASP.NET、PHPなど21言語のソースコードの分析が可能で、iPhoneやAndroidなどスマートフォン向けアプリの解析にも対応する。

オンサイト診断では、約1週間で解析結果を提供。料金は、1診断あたり99万7500円から。再診断は42万円から。脆弱性の修正、開発体制の構築支援など、コンサルティングサービスなども用意している。

(Security NEXT - 2013/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す