Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ情報総研、擬似攻撃メールを使った標的型攻撃対応訓練サービス

みずほ情報総研は、企業や組織向けに「標的型攻撃メール対応訓練サービス」を提供開始した。

同サービスは、東北インフォメーション・システムズが提供する標的型攻撃メール対応訓練用プラットフォームを活用した訓練サービス。

送信元を偽装した擬似標的型攻撃メールを、訓練対象者である役職員へ送付。添付ファイルの開封者や開封日時などのログを分析するとともに、開封理由の聴取などを行って、個人の標的型攻撃メールへの対応力や人的な脆弱性の有無について評価する。

料金は、2回の訓練メールおよび評価レポートの作成で105万円から。また、訓練結果を踏まえた教育研修サービスやコンサルティングなど、オプションサービスも用意している。

(Security NEXT - 2013/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供
仕様書に沿ったサイバー攻撃対策のカスタマイズ演習コースを提供 - DNP
NTTコム、「WideAngle」のインシデント対応メニューを拡充
標的型攻撃の対応をゲームで学べる無料のオンライン教材