Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約3分の1がモバイル端末に暗証番号設定せず - 約1割のユーザーは使い回し

暗証番号やパスワードを用いて携帯電話やタブレットを保護しているユーザーは、64%にとどまり、36%は対策を講じていないことがわかった。対策を実施しているユーザーも半数以上が他人に暗証番号やパスワードを教えたことがあったという。

McAfeeとOne Pollが、モバイル端末のセキュリティ対策状況についてワールドワイドの一般ユーザー3000人を対象に調査を実施し、判明したもの。

調査結果によると、10人に1人が複数のデバイスやアカウント間で同じ暗証番号を使用。暗証番号の内容を見ると、イギリスとドイツでは、初期設定をそのまま利用する傾向が強く、フランスと米国では縁起が良いとされる数字を好んで選択する傾向が見られた。

回答者の55%が、携帯電話やタブレット端末のパスワードや暗証番号情報を他人に教えた経験が持つ。親子間で共有しているケースもあり、6人に1人の割合で子どもが親の暗証番号やパスワードを知っていた。

さらに15%が、携帯電話に銀行情報やオンラインストアなどのパスワードを保存。なかでも拾得者によって閲覧される危険性が高い「メモ機能」を利用するケースが3割にのぼっている。

同社は、モバイルデバイスを利用するユーザーの多くが、プライバシー侵害の危険性を軽視していると指摘。デバイス内には、住所や銀行の情報などが含まれており、犯罪者にとって、モバイルデバイスが魅力的な標的になっているとし、財布やパソコンと同様に用心する必要があると警告を発している。

(Security NEXT - 2013/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か