Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月の不正サイト検知、62万8244件 - 認定パートナー装い詐欺ソフト配布する手口も

BBソフトサービスは、4月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」による不正サイトの検知状況を取りまとめた。

同社によれば、1カ月を通じて検知した不正サイトは62万8244件。前月の48万5766件から29.3%増となった。不正サイトの種類を見ると、「ワンクリック、不当請求詐欺サイト」が前月より0.8ポイント減少したものの、全体の97.1%と依然として大半を占める。

20130509_ss_001.jpg
プラットフォームごとの検知状況(表:BBSS)

そのほか、マルウェア感染サイトが1.1%、偽セキュリティソフト配布サイトが1%、フィッシング詐欺サイトが0.5%でそれぞれ前月よりわずかに上昇。脆弱性悪用サイトが0.2%で、前月と同率だった。

また4月には、「パソコン修理」などを装い、Windowsで発生したエラーのリペアツールを装った偽ソフトを配布するケースを確認。問題のウェブサイトは日本語で作成されていた。

ウェブサイト上では、マイクロソフト認定ゴールドパートナーや大手セキュリティ会社の認証マークを掲示し、サイトや配布ソフトの信頼を高める工夫が行われていたという。

(Security NEXT - 2013/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準