Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月の不正サイト検知、62万8244件 - 認定パートナー装い詐欺ソフト配布する手口も

BBソフトサービスは、4月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」による不正サイトの検知状況を取りまとめた。

同社によれば、1カ月を通じて検知した不正サイトは62万8244件。前月の48万5766件から29.3%増となった。不正サイトの種類を見ると、「ワンクリック、不当請求詐欺サイト」が前月より0.8ポイント減少したものの、全体の97.1%と依然として大半を占める。

20130509_ss_001.jpg
プラットフォームごとの検知状況(表:BBSS)

そのほか、マルウェア感染サイトが1.1%、偽セキュリティソフト配布サイトが1%、フィッシング詐欺サイトが0.5%でそれぞれ前月よりわずかに上昇。脆弱性悪用サイトが0.2%で、前月と同率だった。

また4月には、「パソコン修理」などを装い、Windowsで発生したエラーのリペアツールを装った偽ソフトを配布するケースを確認。問題のウェブサイトは日本語で作成されていた。

ウェブサイト上では、マイクロソフト認定ゴールドパートナーや大手セキュリティ会社の認証マークを掲示し、サイトや配布ソフトの信頼を高める工夫が行われていたという。

(Security NEXT - 2013/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模