Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、ドキュメントの閲覧や利用期限を制御できる新製品 - 操作履歴も取得

NTTソフトウェアは、米WatchDoxが開発するドキュメントセキュリティソリューションを、4月23日より販売開始する。

20130423_ns_001.jpg
ドキュメントに対するアクセスを制御できる「WatchDox」(図:NTTソフト)

「WatchDox」は、ファイルのアクセスをコントロールできるソリューション。閲覧や印刷、コピー、転送などの操作を制限したり、指定期間の経過後にファイルを自動消去することが可能。ポリシーをあとから変更することもできる。

またファイルに対する操作ログを記録できるほか、インターネットへ接続できないオフライン環境に対しては、一定期間後に閲覧不可としたり、消去するといった設定が行える。

発売当初は英語版のみの提供となる。開発元のWatchDoxでは、日本語版の準備も進めており、5月15日にリリースする見込み。

ファイル形式は「Word」「Excel」「PowerPoint」「PDF」のほか、「JPEG」や「PNG」をはじめとするイメージファイルにも対応。サポートするファイル形式は今後も順次拡大していく予定だという。

オンプレミスやクラウドにより提供し、年間利用料は、従業員が100人の場合、120万円から。閲覧のみの利用者は無料で利用できる。同社では、今後3年間に5億円の売り上げを目指して同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2013/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
特急運行情報サイトが改ざん、情報詐取する外部サイトに誘導 - JR西
病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開
商品不足知らせる謝罪メールを誤送信 - FM東京子会社
「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず
委託先がイベント中止メールを誤送信 - 桑名市
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金