Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部製品にMS月例パッチ適用でライセンス無効化される問題 - カスペルスキー

日本マイクロソフトが4月10日より提供している月例セキュリティ更新プログラム「KB2823324」を適用すると、カスペルスキーの一部法人向け製品において、ライセンスが無効となり、チェックディスクが実行される不具合が発生している。カスペルスキーでは一時的な回避策を案内している。

問題が確認されたのは、「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0 MP4」「Kaspersky Anti-Virus for Windows Server 6.0 MP4」の「バージョン6.0.4.1424」と「6.0.4.1611」。「MS13-036」に含まれる「KB2823324」を適用すると不具合が発生するという。

前者は、ライセンスキーが無効となり、プロテクションが無効となる。後者の場合、プロテクションは無効にならないものの、「ライセンスキーが見つからない」と警告を表示し、定義ファイルの更新が制限される。またいずれもチェックディスクが実行される。

またワークステーションとサーバー向けに提供している「Kaspersky Endpoint Security 8.0 for Windows」については、チェックディスクを行う問題のみ生じる。

同社では一時的な解決策として、「KB2823324」のインストールを回避するようアナウンスしている。すでにインストールしている場合は、アンインストールし、ライセンスを再適用することで解決できる。

(Security NEXT - 2013/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
セブンのバーコード決済など一時障害 - ネットワーク設定不備で
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
新コロ拡大防止協力金の申請者情報が閲覧できる不具合 - 新潟県
「おそ松さん」特設通販サイトで不具合 - 他会員情報表示
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
2月29日にApple Pay登録で不具合 - JCBカード
プログラム改修ミスで料金を誤請求 - 東電子会社