Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!JAPAN」サーバ内に不正プログラム - ファイル抽出途中で強制停止、情報流出は否定

ヤフーは、「Yahoo!JAPAN」のサーバ内で、利用者情報を抽出する不正プログラムが稼働していたことを明らかにした。情報の外部流出については否定している。

同社によれば、4月2日21時過ぎに社内のシステム監視により、不正プログラムが作動していることを発見したもので、同社ではプログラムを強制停止し、外部とのアクセスを遮断した。

問題のプログラムは、「Yahoo!JAPAN」のユーザー名、ハッシュ化されたパスワード、メールアドレス、パスワードの再設定時に必要となる情報などを、サーバ内より抽出していた。

同社が確認した時点で、約127万件のデータを抽出したファイルを作成していたが、同ファイルが外部へ送信された形跡は、現時点で確認されていないという。同社では対策を実施するとともに、原因究明を進める。

(Security NEXT - 2013/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
バンコク事務所のサーバにバックドア、情報流出の可能性 - JETRO
「Flash Player」の偽更新プログラムに注意 - 正規更新で攻撃を隠ぺい
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談