Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!JAPAN」サーバ内に不正プログラム - ファイル抽出途中で強制停止、情報流出は否定

ヤフーは、「Yahoo!JAPAN」のサーバ内で、利用者情報を抽出する不正プログラムが稼働していたことを明らかにした。情報の外部流出については否定している。

同社によれば、4月2日21時過ぎに社内のシステム監視により、不正プログラムが作動していることを発見したもので、同社ではプログラムを強制停止し、外部とのアクセスを遮断した。

問題のプログラムは、「Yahoo!JAPAN」のユーザー名、ハッシュ化されたパスワード、メールアドレス、パスワードの再設定時に必要となる情報などを、サーバ内より抽出していた。

同社が確認した時点で、約127万件のデータを抽出したファイルを作成していたが、同ファイルが外部へ送信された形跡は、現時点で確認されていないという。同社では対策を実施するとともに、原因究明を進める。

(Security NEXT - 2013/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
PHP脆弱性「CVE-2018-17082」 - キャッシュ汚染のおそれ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量